スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


たばこ増税で6割が「禁煙」決意!?(産経新聞)

 「ジョンソン・エンド・ジョンソン」(東京都千代田区)が先月、喫煙者312人に聞いた調査によると、今年10月に1本5円のたばこ税引き上げを機に、約6割が「吸うのをやめたいと思う」と回答した。お財布事情が禁煙の大きな動機となる傾向がうかがえる。

 また、たばこ税の増税について「どう思うか」を聞いたところ、「納得できない」が54・8%、「やむを得ないと思う」が45・2%で、ほぼ意見が分かれる結果だった。

 禁煙を補助する「お助けグッズ」で興味あるもの(複数回答)は、禁煙ガムや、肌に張る禁煙パッチなどの「禁煙補助剤」が51%で最多。「電子たばこ」(38%)、「禁煙パイポ」(21%)が続いた。

 グッズを選ぶポイント(同)としては、「吸いたい気持ちすぐ抑えてくれる」(56・4%)、「効果を感じられる」(53・5%)、「禁煙のイライラを感じない」(52・9%)−の順で、禁煙による精神的なつらさを紛らわせたい気持ちが強いようだ。

【関連記事】
喫煙は病気?文化? 分かれる「増税」効果
外国たばこが値上げ申請 全銘柄で1箱当たり20円
たばこは嫌われもの?まずは喫煙マナーを徹底
増税で密造たばこ横行の懸念は?
「マイルドセブン」を3年ぶり全面刷新 たばこ増税に備え?

NEC、メタボ健診を30歳まで引き下げ(読売新聞)
私立中学にも独自助成へ=全国初、高校無償化受け同額−鳥取知事(時事通信)
偽装献金事件、鳩山首相元秘書に禁固2年求刑(読売新聞)
首相「勝場君は、私がいなければ罪犯さなかった」(読売新聞)
<普天間移設>政府案「複数も」…鳩山首相(毎日新聞)

郵政改革 亀井氏「もう決めたこと」と反論(産経新聞)

 亀井静香郵政改革・金融相は25日朝、自らが24日に発表した郵政改革法案の骨子に閣内から異論が出ていることについて、「私は鳩山由紀夫首相に(改革案を)了承されたから発表した。もう決めていることだ」と反論した。ただ、「今後、閣内であろうと閣外であろうと、いい意見なら全部聞く」と微修正に含みも残した。都内で記者団に語った。

 改革法案の骨子については24日、首相が「これから閣内で議論する必要がある」と指摘したほか、仙谷由人国家戦略担当相もゆうちょ銀行の預入限度額引き上げなどに疑問を呈した。

【関連記事】
日本郵政「上場は5年以内に」亀井郵政改革相
郵政改革基本法案を正式発表 民業圧迫批判に配慮 政府出資3分の1超
郵政、民営化から“肥大化”へ転換 民間に一定配慮も「基本」は堅持
ゆうちょ銀の限度額2千万円に 「民業圧迫」批判で引き上げ幅圧縮
「押しつぶされる」 郵貯限度額上げに悲鳴あげる地方金融機関

<ラッコ>赤ちゃん死ぬ 池袋サンシャイン水族館(毎日新聞)
海洋汚染の確認は514件=2009年の海保まとめ(時事通信)
警視庁職員、電車内で女性教師に痴漢(産経新聞)
子ども手当法案、26日成立=参院厚労委で可決(時事通信)
警視庁、ガンブラー問題で仏などに国際捜査協力を要請 海外5カ国のサーバ悪用(産経新聞)

朝鮮学校、結論は夏以降に=高校無償化で−文科相(時事通信)

 川端達夫文部科学相は25日の参院文教科学委員会で、高校授業料の実質無償化の対象に含めるかが焦点となっている朝鮮学校の扱いについて、結論は今夏以降になるとの見通しを示した。外国人学校が日本の「高校に類する課程」かどうかを確認する方法について専門家らに検討してもらうとした上で、「本年夏ごろに(検討の)結論を得ようと考えている」と述べた。水岡俊一氏(民主)への答弁。
 文科相は、高校無償化の対象にする外国人学校の判断基準について、(1)日本の高校に当たる本国の学校と同等の教育課程であることが公的に認められる(2)国際的な学校評価機関に認定を受けている−の2点を提示。ただ、国交がない北朝鮮の朝鮮学校は教育内容を本国に確認できないため、専門家らに評価基準や審査方法などを検討してもらい、それに基づいて判断する枠組みをつくると述べた。 

【関連ニュース】
【特集】緊迫!朝鮮半島〜金総書記、「余命は3年」〜
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕若き日の金正日氏〜知られざる素顔〜
死亡認定取消、海保に請求=北朝鮮で確認、失跡男性の兄
あの処理しかなかった=よど号事件

普天間移設 政府案へ大詰め 関係閣僚が協議(毎日新聞)
「女性とは6年交際」=週刊誌報道で陳謝−中井公安委員長(時事通信)
嫡出子認定、判断先送り=性別変更者の人工授精−千葉法相(時事通信)
<オウム>松本死刑囚の弁護士1人、処分を変更 日弁連(毎日新聞)
小林議員への辞職勧告決議案検討 自民大島幹事長(産経新聞)

<訃報>徳田尚久さん76歳=元五洋建設専務(毎日新聞)

 徳田尚久さん76歳(とくだ・のぶひさ=元五洋建設専務)21日、肺がんのため死去。葬儀は24日午前11時、神戸市須磨区須磨寺町4の6の8の須磨寺青葉殿。喪主は長男光章(みつあき)さん。

<少年審判傍聴>遺族ら169人認める 制度開始から1年(毎日新聞)
<普天間移設>鳩山首相「難しいけれど頑張っている」(毎日新聞)
「4年後までに信頼回復」=年金記録漏れ問題で−長妻氏(時事通信)
<外壁材落下>重さ4キロ、強風で? 北九州市の高架橋(毎日新聞)
「民主党に物が言えるのは私だけ」−日医会長選、原中候補が主張(医療介護CBニュース)

最強のB級グルメは? 4月10、11日に栃木市でイベント(産経新聞)

 栃木市や周辺地域のB級グルメが一堂に会するイベント「第1回じゃがいも入り栃木焼きそばVS地域B級グルメin蔵の街」が4月10、11日の両日、同市倭町の小江戸ひろばで開催される。市観光協会では、「B級グルメを集めることで、地域の名物の知名度が向上するような相乗効果を期待したい」としている。

 安くておいしく、親しみやすいB級グルメを通じて、観光客を誘致し、地域の活性化を図ろうという狙い。市や観光協会、まちづくりに参加する市民団体などが実行委員会を立ち上げ、準備を進めてきた。

 参戦が予定されているB級グルメは、同市の名物の「じゃがいも入りやきそば」や「宇都宮ギョーザ」「佐野ラーメン」といった県内のメジャーどころに加え、群馬県伊勢崎市の「伊勢崎もんじゃ」、埼玉県行田市の「ゼリーフライ」など、県内ではなかなか味わうことのできないB級グルメ全35品。

 1品300円前後の普通盛りのほか、いろいろなB級グルメを少しずつ食べたい人向けの小分けサイズ(100円)も用意するという。

 会場では、太鼓やバンド演奏などでイベントを盛り上げるほか、当日は、近隣の太平山県立自然公園の「太平山桜まつり」や同市星野町で「星野花まつり」も開かれていることから、実行委は相乗効果も狙っている。

 実行委員長の阿部佳司さん(62)は、「栃木に足を運んでもらうには、“仕掛け”が必要。今後も『食』をテーマにしたイベントで、栃木を訪れる人を増やしていきたい」と意気込んでいる。

【関連記事】
ズビズビのつら〜い時期ですが、楽しみも!
王者「津山ホルモンうどん」も 20日からB級グルメフェスタ
「浜松ギョーザ」50円差で宇都宮に惜敗
懐かし新し「ひね鳥」、食材ブランド化へ 着ぐるみも登場
誕生、上州の究極B級グルメ「うTON飯」
20年後、日本はありますか?

<落とし物横領>現金抜き取りの元警官に有罪 横浜地裁判決(毎日新聞)
定年前出向で新人枠…国家公務員の退職方針案(読売新聞)
「娘の首絞め、火付けた」=放火未遂で母逮捕、殺人も視野−大阪府警(時事通信)
村田元駐米大使が死去…密約引き継ぎ明らかに(読売新聞)
みんなの党 「自民党は終わった」 渡辺喜美代表が講演で(毎日新聞)

辞任要求「よろしくない」と野田副大臣=枝野氏らも生方氏擁護(時事通信)

 野田佳彦財務副大臣は18日午後の記者会見で、民主党の高嶋良充筆頭副幹事長が生方幸夫副幹事長に対し、執行部への批判的な言動を理由に辞任を求めたことについて「耳に痛い話をした人が辞表を迫られるのは極めてよろしくない」と批判した。
 野田氏は「もっと自由闊達(かったつ)に自分の感想や意見を述べてしかるべきで、闊達に意見を言う文化を持ってきたのが民主党の魅力だ」と強調した。
 また、枝野幸男行政刷新担当相は会見で「最近、生方氏が何か問題があることを言ったとは認識していない」と擁護。生方氏とともに、党内有志による「政策調査会の設置を目指す会」の中心メンバーである安住淳衆院安全保障委員長も、記者団に「(生方氏が)悪いことをしたという話ではない。大人げない」と指摘した。 

【関連ニュース】
辞任要求「よろしくない」=野田副大臣
外国たばこ、値上げ認可=財務省
渡部氏、7奉行と会合=参院選「情勢厳しい」
国会議員、倍増が必要=事業仕分け第2弾で
首相発言が波紋=ハードル高い「満額支給」

政宗の石垣工事指示書?も、史料2千点調査(読売新聞)
芸術院賞に9人=粟津氏らは恩賜賞も(時事通信)
プロ競輪選手、はねられ死亡=国道を練習走行中−千葉(時事通信)
皮肉?中井国家公安委員長、北教組の資金提供「うらやましい」(産経新聞)
アフリカ投資かたる2社、実名を公表(読売新聞)

人材確保・定着で情報交換会―東社協(医療介護CBニュース)

 東京都社会福祉協議会の介護保険居宅事業者連絡会はこのほど、東京都内で「経済不況下の人材確保・経営指針とは」と題した講演会と情報交換会を開催した。

 日本社会事業大専門職大学院の田島誠一教授が、理事長を務める日本老人福祉財団などの事例を基に講演した。
 田島教授は、過去に法人が経営不振に陥った時、愛着を持って働いていた人でも、「くしの歯がこぼれるように辞めていった」とし、十数年たったが、中堅から上のクラスが細ってしまったと説明。人材については長期的につながっていく大変重要な経営課題として、人に対する投資を怠ると、ボディーブローのように効いてくると述べた。
 また田島教授は、学生が就職先を選ぶ際に、▽理念がしっかりしているか▽待遇が一定水準以上か▽人事担当者に魅力があるか▽運営方針とケアの実際-をポイントとして示しているとした。
 田島教授は、人材の確保のためにも経営トップが、自分の法人の理念や事業目的が明確で、それが職員に伝わっているかどうかなどを把握する必要があると指摘。目標や理念などが浸透することで、職員が事業所全体の中での自分の役割などを考えることにつながり、「個々の仕事がもっと意義あるものになり、やりがいにつながる」と述べた。

 講演後、施設、通所、訪問介護事業者に分かれて人材確保や定着に向けた情報交換会が行われた。
 施設のグループからは、福祉系の人材にこだわらず、未経験者や他の業界の人を採用することで、豊富な人材がそろってきたという事例の紹介や、処遇や人事制度も含めて働きやすい職場であることをアピールすることによって、応募につながるのではといった意見があった。
 通所のグループからは、パートで働いている職員から知り合いを紹介してもらうという例が報告された。また人材育成では、チェックリストに沿って新人を育成し、途中で面接も挟みながら、進ちょく状況を把握する事業者もいた。
 訪問のグループでは、ヘルパーがなかなか集まらない事業所がある一方、24時間型の訪問ケアの事業者ではヘルパーが増えているという。確保できた理由として、好きな時間帯に働けることや、医療依存度の高い人が多いこともあり、同行は1か月行う場合もあるなど教育の充実が挙げられた。


【関連記事】
都内の認知症GHの7割が入居率90%以上―東社協調査
就職相談会に目立つ未経験者の姿−介護に人は集まるか(上)
都内の特養、3分の1に外国人従事者−東社協調査
アクティブ福祉東京’09開催、現場から101演題
介護職員処遇改善交付金の活用方法でセミナー―東社協

第1回アテネ五輪の優勝メダル、博物館から盗難(読売新聞)
総務相が再び遅刻=野党側の反発で流会−参院総務委(時事通信)
警察庁長官が訪韓(産経新聞)
三笠宮さまが入院(時事通信)
<参院選>公約策定で政府、党が主導権争い(毎日新聞)

<国連>東ティモールの川上副特別代表、自宅で死亡確認 (毎日新聞)

 外務省に15日入った連絡によると、国連東ティモール統合ミッション(UNMIT)の川上隆久・事務総長副特別代表(55)が同日、現地自宅で倒れているところを発見され、病院で死亡が確認された。死因は不明。事件性はないとみられる。

 川上さんは77年に外務省入省。国連カンボジア先遣隊ミッション、同アフガニスタン支援ミッションといった日本の国連平和維持活動(PKO)に派遣されるなど、長年、平和構築の実現に尽力してきた。08年9月、潘基文(バンギムン)事務総長の指名で東ティモールに着任し、治安改革や司法部門の強化支援などの陣頭指揮にあたっていた。【中澤雄大】

仕分け対象の可能性が高い50法人を公表―枝野担当相(医療介護CBニュース)
歴代首相の招致要求をけん制=自民・大島氏(時事通信)
<中央市長選>田中久雄氏が無投票で再選 山梨(毎日新聞)
キャリアアップシステムの導入で報告会―全老健(医療介護CBニュース)
高校無償化法案の付則修正=公明の要求受け−与党3党(時事通信)

直接支払制度を来年3月末まで猶予―出産育児一時金で厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は、出産育児一時金の直接支払制度の完全実施を1年先送りし、来年3月末まで猶予する方針を固めた。また、請求・支払いの機会を月1回から2回に増やす。

 昨年10月から実施されている直接支払制度では、出産育児一時金42万円が、出産した人ではなく医療機関に保険者から直接支払われる。退院から支払いまで1-2か月かかり、その間は医療機関が分娩費用を立て替えることになるため、現場から「資金繰りが苦しくなる」と反発する声があり、完全実施は今年3月末まで猶予されていた。


【関連記事】
出産育児一時金「直接支払」を半年間猶予
日産婦学会が直接支払制度の廃止を要望
直接支払制度の猶予延長を要望―保団連
一時金直接支払制度の影響?「黒字」で閉院に追い込まれる産院が増加
勤務環境の改善は「今後も相談」―日産婦学会・海野氏

政権交代の効果強調=「密約」確認で平野官房長官(時事通信)
<自殺>硫化水素で女性 5世帯一時避難 松戸のマンション(毎日新聞)
日米密約 開かれた真実の扉 報告書は西山さんの指摘追認(毎日新聞)
乗用車同士が正面衝突、4人が心肺停止(読売新聞)
<大阪・松原の火災>「うそつけば刑務所入れる」 「放火した」男、無関係と判明(毎日新聞)

早朝にひき逃げ、65歳男性死亡 東京・日野(産経新聞)

 7日午前5時50分ごろ、東京都日野市落川の市道丁字路で、近くに住む無職、相田栄一さん(65)が路上で倒れているのを通行人の男性が見つけ、近くの交番に届け出た。相田さんは病院に運ばれたが、全身を強く打ち、約6時間半後に死亡した。

 警視庁日野署は相田さんが車両にはねられた形跡があることや車の部品が落ちていたことから、ひき逃げ事件とみて道交法違反(ひき逃げ)の疑いで捜査している。

 同署によると、近くの住民が午前5時半ごろに「ドン」という大きな音を聞いているという。

【関連記事】
ひき逃げ容疑で逮捕したら…別の事件も発覚
死亡ひき逃げ容疑でタクシー運転手を逮捕 容疑は否認 大阪府警
【今、何が問題なのか】監視カメラの残酷
死亡ひき逃げに適用少ない殺人罪 摘発160件も送検ゼロ
車3キロ引きずり元ホスト、殺意を否定 初公判でメモ読み謝罪
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<トキ>富山で確認 08年に佐渡で放鳥(毎日新聞)
「心神喪失」専門家でも分かれる判断 明確な基準必要(産経新聞)
<訃報>東田敏男さん77歳=元鉄建建設専務(毎日新聞)
5月に「看護フォーラム」を開催―日看協(医療介護CBニュース)
「3月8日」何の日?…サバ料理味わう日だって(読売新聞)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
リンク
無料ホームページ
債務整理・自己破産
審査 甘い キャッシング
無料ホームページ
携帯ホームページ
情報起業
selected entries
archives
recent comment
  • はやぶさカプセル回収本格化=耐熱外殻も発見―豪州砂漠で探索隊(時事通信)
    AtoZ (08/29)
  • はやぶさカプセル回収本格化=耐熱外殻も発見―豪州砂漠で探索隊(時事通信)
    ジェームズ (05/12)
  • はやぶさカプセル回収本格化=耐熱外殻も発見―豪州砂漠で探索隊(時事通信)
    ハミィ (04/20)
  • はやぶさカプセル回収本格化=耐熱外殻も発見―豪州砂漠で探索隊(時事通信)
    桃医 (01/12)
  • はやぶさカプセル回収本格化=耐熱外殻も発見―豪州砂漠で探索隊(時事通信)
    玉木よしひさ (01/01)
  • はやぶさカプセル回収本格化=耐熱外殻も発見―豪州砂漠で探索隊(時事通信)
    リョータ (12/27)
  • はやぶさカプセル回収本格化=耐熱外殻も発見―豪州砂漠で探索隊(時事通信)
    まろまゆ (12/23)
  • はやぶさカプセル回収本格化=耐熱外殻も発見―豪州砂漠で探索隊(時事通信)
    夜沢課長 (12/06)
  • はやぶさカプセル回収本格化=耐熱外殻も発見―豪州砂漠で探索隊(時事通信)
    ポロネーゼ (12/03)
  • はやぶさカプセル回収本格化=耐熱外殻も発見―豪州砂漠で探索隊(時事通信)
    さもはん (11/24)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM